第二回 好きなキャラクターランキング投票募集中です。
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/68177579.html

    ★姉妹サイト★
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    鬼滅の刃まとめ
    http://kimetu.blog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    コメント談義を始めてみたいと思います。
    お題を大募集中です。
    こちらをクリック

    【コメント談義です】彼女になったら修君に主役補正を付けて上げられそうな女子は?
    こちらをクリック

    182: 名無しのボーダー隊員さん
    使うひとが少ないトリガーは要らないってのは、トラッパーは要らないって事ですか?
    no title

    183: 名無しのボーダー隊員さん
    レイガストとかいう不人気トリガーも使用者少ないしいらないよな!

    【★【ワートリ】使うひとが少ないトリガーは要らないってのは】の続きを読む

    151: 名無しのボーダー隊員さん
    強化レーダーは1人しかつかってないし使いにくそうでワクワクする
    no title

    152: 名無しのボーダー隊員さん
    強化レーダーってバッグワームには意味ないし普通の戦闘には使わないから相手の動向を正確に確かめるときくらいしか使うことなさそう

    【★【ワートリ】強化レーダーは1人しかつかってないし使いにくそうでワクワクする】の続きを読む

    161: 名無しのボーダー隊員さん
    試作でもないのに使用者が極端に少ないトリガーとか何故試作の段階でお蔵入りにしないのか
    no title

    168: 名無しのボーダー隊員さん
    >>161
    開発室の市場調査能力が不足している説

    【★【ワートリ】試作でもないのに使用者が極端に少ないトリガーとか何故試作の段階でお蔵入りにしないのか】の続きを読む

    139: 名無しのボーダー隊員さん
    玉狛の特殊戦術ステが低いと思ったらそういやbbfって5戦目に入る直前のステータスだっけ
    データ更新したら玉狛もっと上がるよな
    no title

    144: 名無しのボーダー隊員さん
    >>139
    パラメーターは4戦目時点の物なのに
    トリガーセットはスパイダーと鉛弾の導入後の物だから
    チグハグになっちゃってるな

    【★【ワートリ】玉狛の特殊戦術ステが低いと思ったら】の続きを読む

    87: 名無しのボーダー隊員さん
    狙撃を3つ同時にピンポイントで防ぐランバさん
    no title

    88: 名無しのボーダー隊員さん
    >>87
    あれはさすがにオートガード的な機能あるんじゃないのかな
    でも東さんの狙撃はくらってたんだよなぁ

    【★【ワートリ】狙撃を3つ同時にピンポイントで防ぐランバさん】の続きを読む

    80: 名無しのボーダー隊員さん
    いや角無しでも普通のライトニングとほぼ変わらない速度だろう鉛段ライトニング
    no title

    82: 名無しのボーダー隊員さん
    >>80
    結構かわしたりしてるからせいぜいイーグレット並じゃないかと思う
    それでも十分速いし

    【★【ワートリ】いや角無しでも普通のライトニングとほぼ変わらない速度だろう鉛段ライトニング】の続きを読む

    69: 名無しのボーダー隊員さん
    一言に仮想戦闘モードと言っても設定は細かく調整できるからね

    現実のトリオン消費を再現→チームランク戦モード
    トリオン無制限ルール→トレーニングルームモード
    みたいな感じで

    千佳の玉狛支部での最初の狙撃手訓練も
    チームランク戦モードの様に擬似消費設定にしていた可能性
    実際にトリオンを消費していた可能性

    現時点ではどちらの可能性もあるんじゃないだろうか?
    no title

    71: 名無しのボーダー隊員さん
    チカが初めて狙撃を習うシーンで思い出したけど
    トリオン量がどれだけ凄くてもイーグレットはその分射程が伸びるだけだから
    何時間も撃ち続けてるって変じゃね?って指摘が以前あったな

    【★【ワートリ】一言に仮想戦闘モードと言っても設定は細かく調整できるからね】の続きを読む

    58: 名無しのボーダー隊員さん
    ボーダー隊員ってちょこちょこ来るトリオン兵襲来の防衛任務以外は仮想空間で訓練してんだよね
    ってことは実際のトリオン体でガンガン戦う機会がない辺り
    ネイバーと比べてボーダー隊員はトリオン鍛えることあんまできないんだな
    no title

    59: 名無しのボーダー隊員さん
    トリオン器官は実際にトリオンを消費することで鍛えられる(Q&A Q.40)とある

    トリオンの消費は実戦でのトリガーなどの使用のほかにも トリオン体再構築の際にも発生すると考えれば
    定期的なトリオン体破棄+再構築でも鍛えることが可能という推察もできる

    【★【ワートリ】ネイバーと比べてボーダー隊員はトリオン鍛えることあんまできないんだな】の続きを読む

    9: 名無しのボーダー隊員さん
    S級上位 ヴィザ 風迅 ハイレイン ランバネイン エネドラ
    S級下位 黒遊真 ヒュース ガトリン 木崎 忍田 太刀川 迅 二宮
     
    A級上位 ミラ 小南 コスケロ ウェン 風間 影浦 三輪 遊真 村上 生駒
    A級下位 王子 米屋 緑川 木虎 黒江 香取 那須 荒船

    B級上位 諏訪 小荒井 奥寺 熊谷
    B級下位 来馬 三雲
    no title

    15: 名無しのボーダー隊員さん
    >>9
    ブラックトリガーをA級上位に分類なんてしてたら、
    背後の小窓からバッサリいかれても知らんぞw

    【★【ワートリ】旧ボーダー組の台詞は後から考えると闇深いよな】の続きを読む

    385: 名無しのボーダー隊員さん
    「遠征に行くためにランク戦してA級を目指す」はそもそも3巻から決まってる話で、大規模進攻は関係ない話なんだけどね
    なんだかワンピの頂上決戦の後みたいだなと思うよ
    ワンピって元々ルフィが海賊王めざしてグランドラインの島々を冒険するのが本筋で、Dの意思とか世界政府はその裏側の話だったのに頂上決戦で盛り上がった後は冒険なんかで寄り道するなって言われる様になっちゃったからな
    no title

    390: 名無しのボーダー隊員さん
    でも遊真にしても千佳にしても行動原理が修だからなぁ
    そもそもの目的はレプリカ救出じゃなくて千佳の兄、友達の捜索だし(それにレプリカが追加されただけ)
    1秒でも早く行かなければいけない状況ってわけでもないし(基本攫われた人は大切に扱われる設定)

    規則を破って少数で行くより遠征部隊として情報と戦力を整えていく方がいいんだよなぁ

    【★【ワートリ】なんだかワンピの頂上決戦の後みたいだなと思うよ】の続きを読む

    375: 名無しのボーダー隊員さん
    たまに知り合いと話してるといつまでランク戦やってるんだって意見も聞くんだよね
    作中では1ヶ月か2ヶ月ぐらい?しか経ってないんだけど侵攻されてすぐ遠征に行かないでランク戦でそれなりの尺を取って遊んでるみたいだとか
    個人的にぽっと出のキャラが出て活躍するのだとあまり好きじゃないから紹介と特訓兼ねて今みたいなのもいいと思うけど増やしすぎても侵攻中にどこにいたんだと言われるから悲しい
    no title

    379: 名無しのボーダー隊員さん
    >>375
    ヒロアカで『かっちゃんが敵連合に拐われた、でもヒーロー免許を持ってないデクは助けに行けない』ってエピソードがあったけど、
    「かっちゃんを助けに行くためにまずは仮免試験を受けてこよう!」って言い出したら確かにアレ?ってなるかも
    その後に担任の先生から「本来はアウト。正規の手続きを踏んで正規の活躍をしろ」って釘刺されてるけどさ

    レプリカがアフトに拐われた、でも遠征部隊に入ってない修は助けに行けない。レプリカを助けに行くためにまずはランク戦を勝ち上がろう!
    ルールを守って正規の手続きを踏んでる訳なんだが……アレ?って思う人が居るのもまぁ分からなくはないかな

    【★【ワートリ】いつまでランク戦やってるんだって意見】の続きを読む

    358: 名無しのボーダー隊員さん
    どんだけ公式二次創作()が見たいんだよ
    no title

    359: 名無しのボーダー隊員さん
    どんだけってめちゃくちゃ見たいよ!!!
    本編が復帰絶望的なんだからめちゃくちゃ見たいよ!!
    公式二次創作でもヴィジランテてきなやつでもガンゲイルてきなやつでも
    ボルト的な奴でもなんでもいいから見たいよ!!

    ワートリ成分が欲しいよ

    【★【ワートリ】どんだけ公式二次創作()が見たいんだよ】の続きを読む

    このページのトップヘ