第1回 ボーダー統一好きな部隊ランク戦!!投票大募集中です。
    ※一日一回投票できます。
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/85845000.html
    第五回 好きなキャラクターランキング投票結果発表!!!!
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/85843752.html

    ★姉妹サイト★
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    鬼滅の刃まとめ
    http://kimetu.blog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    2018年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    62: 名無しのボーダー隊員さん
    チカのSEって複数なの?
    察知できるのと気配消せるのは1つの能力使ってるのかと思ってたけど
    no title

    63: 名無しのボーダー隊員さん
    千佳の複数SEを特に示唆する描写はないと思ってる
    気配察知のSE+隠密の技術というイメージ
    しかし初登場から適正:狙撃手が描かれてるんだなぁと今さら

    【★【ワートリ】チカのSEって複数なの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    43: 名無しのボーダー隊員さん
    ガイドブック持ってる人に聞きたいんだけど
    嵐山と時枝ってトリオン高い設定?
    嵐山は弾バカのメテオラ連打耐えて驚かれてたし
    時枝は木虎がガードしきれねーって言ってる攻撃を
    横から出て来て普通にガードしてたよね
    no title

    44: 名無しのボーダー隊員さん
    その2人のトリオンの具体的な数値に関してはBBF買えとしか言いようがないが和泉と修を足して割ったぐらいの数値だな

    【★【ワートリ】嵐山と時枝ってトリオン高い設定?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    933: 名無しのボーダー隊員さん
    今更だが鉛弾の設定てどうやってんだろな?
    シールドや魚もすり抜けるってことは孤月とか他の弾で相殺もできないということか
    でもマントには効くしトリオン体には通るからトリオンそのものと干渉しないという訳でもない
    トリオン体になってから服脱いで投げたら鉛弾ガードできるんだろうか
    no title

    934: 名無しのボーダー隊員さん
    >>933
    あくまで「実体のあるもの」に対して効くからガード可能と予想
    実用性は別だが

    【★【ワートリ】今更だが鉛弾の設定てどうやってんだろな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    924: 名無しのボーダー隊員さん
    遊真の救済手段ってエネドラッド化なんじゃないかと最近思えてきた
    ついでにレプリカも多分名前からして有吾の人格コピーして作ったように見えるし
    no title

    925: 名無しのボーダー隊員さん
    >>924
    それ自分も思った
    エネドラみたいに遊真の人格や記憶を外部媒体に記憶してトリオン兵に移植すれば助かると思うんだよな~
    人間ではなくなるけど

    【★【ワートリ】遊真の救済手段ってエネドラッド化なんじゃないかと最近思えてきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    913: 名無しのボーダー隊員さん
    誰かが黒トリ化するなら忍田本部長かなと予想してた
    作中数少ない大人だし一応戦闘員だし
    太刀川が適合すれば戦力も上がる
    no title

    916: 名無しのボーダー隊員さん
    >>913
    まだ気持ちも伝えてないのに沢村さんが未亡人気分味わってしまうやないか

    【★【ワートリ】誰かが黒トリ化するなら忍田本部長かなと予想してた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    882: 名無しのボーダー隊員さん
    迅黒トリ化からの修しか使えないが普通の漫画
    no title

    883: 名無しのボーダー隊員さん
    黒鳥ってどれぐらい元の人間の特徴を反映するのだろうか?
    風刃は最上さんが元になったから適合者が多いって描写はあったが

    【★【ワートリ】迅黒トリ化からの修しか使えないが普通の漫画】の続きを読む

    このページのトップヘ