837:2015/10/21(水) 19:07:38.45 ID:
レプリカ先生謎黒トリガー説か・・・
839:2015/10/21(水) 19:19:08.09 ID:
>>837
レプリカ「おしおきだ、ユーマ」
844:2015/10/21(水) 19:45:01.95 ID:
>>837
レプリカ先生怪しいっちゃ怪しいわな
遊真やったのが刺客だとも黒トリガーだとも言われてないわけで

謎の襲撃者が突然、そばに現れるわ
戦えるはずなのに戦ってないみたいだし
あんな有能なら警告ぐらいするよな
姿は触手二本アリ
いつの間にか消える襲撃者
戦争終結後はボーダーへ行くよう薦める

黒幕でもあり得なくもない
840:2015/10/21(水) 19:21:04.73 ID:
遊真は生来女子だったが勇吾さんの黒トリで復活する際に男体化した可能性を俺は捨ててないぞ
842:2015/10/21(水) 19:23:21.93 ID:
>>840
ユーマは胸の大きさ変えられる
841:2015/10/21(水) 19:21:28.75 ID:
命と引き換えに→そんなこと目前に死が迫ってる時しかできないじゃん→死ぬ時に

と変換されてるんだろうね
843:2015/10/21(水) 19:33:49.21 ID:
どうせ死ぬんなら残った連中に有用な力を残すってのは悪くないんじゃないか
845:2015/10/21(水) 19:47:22.39 ID:
マザートリガーといい黒トリになる事といい
ある程度は意思や精神的な物が作用するらしいトリガーと言う不思議エネルギーを
科学技術で弄れてる事の整合性って取れるんかね

意図的に作る事は出来ないが弄る事は出来るものって程度で済まされるんだろうか
848:2015/10/21(水) 20:05:51.25 ID:
>>845
生み出せないけど弄れるかって現実はそんなもんばかりじゃん
電子や光子を作ることはできなくても制御することで回路作ったりモニター写したりしてるじゃん
原子分子を作ることはできなくても原子分子を組み替えて色んなもの作ってるじゃん

トリオンについてはトリガー技術として既に近界発祥で制御方法が存在しているんだから
トリオンに対する、ではなくトリガー技術に対する科学的な制御方法を科学技術で作れば
間接的に科学技術でトリオンをどうにかすることはできるようになるし
そういう方法を作っていく手順もまた科学という考え方であり分野
854:2015/10/21(水) 20:13:29.15 ID:
>>848
科学や技術のありかたじゃなくそのトリガー技術からトリガーってもん掘り下げて大丈夫なの?って話
そんな長文を必要とする時点で漫画としてどうよというか
不思議システムのままにせず介入できるようにした事の破綻についての不安というか

ただ個々人が持ってる生命エネルギーやら才能やらならそれでいいんだけどさ
858:2015/10/21(水) 20:16:15.45 ID:
>>854
んー、ポピュラーSFの謎エネルギー謎技術ってもの自体は別にそこまで珍しい設定でもないし
あんまり深く考えなくてもいいんじゃね?
ちょっと考察を楽しむ程度で
860:2015/10/21(水) 20:16:31.21 ID:
>>854
分かりやすい例え用意してくれたのに長文の一言で切り捨てないであげて
865:2015/10/21(水) 20:22:44.64 ID:
>>854
ハード系SFだともっともっとややこしい設定を学者に褒められるレベル破綻なく使ってることも多いからへーきへーき
866:2015/10/21(水) 20:25:20.52 ID:
>>854
破綻もくそも光子力だのミノフスキーだの分けの分からんものを制御しての超技術は
SFでは話の根幹であって「できるもの」という前提のものだろ
「できる」とした時点でどこまでも不思議なことも「できる」んだよ
そして最初はできなくても技術が進歩しました、とかで必要に応じてできるようになったりするもんなんだよ
867:2015/10/21(水) 20:28:25.30 ID:
>>854
掘り下げてるのはこのスレの住人だけでしょ
作者が理論付けようとかしてる?
874:2015/10/21(水) 21:30:20.88 ID:
>>867
これ
868:2015/10/21(水) 20:29:07.32 ID:
>>854
まずはトリオンとトリガーの区別ぐらいつけてから破綻の心配しような