942: 名無しのボーダー隊員さん
あそこはシールドチャージしない修がアホだったな
no title

943: 名無しのボーダー隊員さん
スラスターも普通に警戒されてるだろうし躱されるだけな気がする
王子→ ←修   千佳→
の位置関係でスラスター使ってもし躱されでもしたら
←修     王子→ 千佳
になって詰むわけだしちょっとリスク高くね
no title

949: 名無しのボーダー隊員さん
>>943
これなったらログ見て一週間は笑われるレベルだわ(笑)

954: 名無しのボーダー隊員さん
>>943
追い越した時点でレイガスト&シールドに切り替えて鉛ハウンドが正解だよな

972: 名無しのボーダー隊員さん
>>968
むしろ畳み込んだ成果だと思う(無限ルールの低速散弾有効活用はあるけど)
・低速散弾で左右の機動を制限
・押し込んで後ろを守らせて反撃を封じる
・狭いのを利用して破れない壁に追い込む
・すかさず用意済みの大玉アステロイドで追撃

vs王子でやろうとするとリスキーなのは>>943

944: 名無しのボーダー隊員さん
つか成功しても千佳から30メートル離れたら王子が牽制する必要なくなるからやっぱり瞬殺エンドでは
トリオン体なら殺した後でも30メートルならすぐ詰められそうだし

あれ、詰んでないこれ?
no title

965: 名無しのボーダー隊員さん
>>944,945
あれは詰んでると思うわ
んで修は破れかぶれで色々試してる
王子はつき合う義理はないので奇策で瞬殺狙い

945: 名無しのボーダー隊員さん
つかあそこは素手で掴みかかった王子もアホだしガード下げた修もアホ
作者はそんなつもりで書いてないだろうが客観的に見ればアホ同士の戦い

950: 名無しのボーダー隊員さん
同じ付け焼刃ならそれなりに練習したであろう蜘蛛の糸の方に賭けたいじゃん

951: 名無しのボーダー隊員さん
さすがにあんな近距離でスラスターがかわされるわけねーわww
no title

952: 名無しのボーダー隊員さん
不可能を不能にするのがオッサム
no title