370: 名無しのボーダー隊員さん
戦闘面では使えない奴を遠征からハブったら冬島さんも連れていけないな
no title

375: 名無しのボーダー隊員さん
>>370
トラップの設定だのなんだので修と出来る事において段違いの性能やんけ
脱出移動用のワープポイント作ったりできるし

379: 名無しのボーダー隊員さん
>>370
冬島さんのワープは、大規模侵攻で修はもちろんユーマやレプリカにも出来なかった先回りワープが出きるんやで?

371: 名無しのボーダー隊員さん
今のところ千佳と臨時接続してるのは修だけだし
修を連れて行く理由としては千佳と接続するためって理由だけで十分だよ

372: 名無しのボーダー隊員さん
枠だけの問題なら2位以内なら修も連れて行くと約束することでお荷物1枠確保することで10枠以上増やせると考えれば
問題ないでしょ
遊真ヒュースなら枠増やさなくても行ける候補レベルの強さあるしな

そういう無感情的なものより修はどっちかっていうと糞弱いのを遠征に連れて行って何かあったらどうするんだ的な
感情論の方が心配だ
no title

374: 名無しのボーダー隊員さん
修擁護派だけど、遠征のメンバーとして修が適任か?という問いには、疑問

だが、玉狛第2や修が遠征のために頑張っている状況を多くの人が知っている現状で、チームとして2位以内に入り、チームとして選抜試験の条件をクリアした場合、修だけを除外することはボーダーの士気に関わるから難しいと思うわ

425: 名無しのボーダー隊員さん
>>374
そういうファン心理的なものじゃなくて純粋に実務的な理由が発生するんじゃないかと思ってる

376: 名無しのボーダー隊員さん
遠征に修が行かなかったら話自体が途絶えてしまうので行くだろとしか言えん
4人主人公でと建前言ってるけど明らかに比重として修が大きい

380: 名無しのボーダー隊員さん
>>376
そうなるね
修が主人公成分が多い
百歩譲っても今のところは修と遊真のダブル主人公だ
これからの話の展開で変わってくるのかもしれないが、今のところ千佳も迅さんも主人公とは言いがたい
no title

403: 名無しのボーダー隊員さん
>>376
お話として留守番組を全く描写しないのはありえないので修が行けなくても特に問題は無いだろう
行く場合にしても正攻法以外で遠征行く手段は残ってるだろうしペンチメンタル発動させるなら試験に合格する必要はない

378: 名無しのボーダー隊員さん
二宮隊が遠征落ちた理由が鳩原一人にあったとしても隊そのものが遠征に落ちてる前例を鑑みるに
修に問題があるとしても修一人だけ遠征から落とすってのはまあフェアじゃないな

とか思ってたらポケインが「鳩原を連れていかないのなら二宮隊は遠征を辞退する」とか言ってた過去が明らかになる流れ
ないか ないな

381: 名無しのボーダー隊員さん
>>378
あるあるだろうな。それで「代わりはいくらでもいる」とあっさり上層部から遠征却下くらい
それで余計に鳩原の負担のトドメになると

384: 名無しのボーダー隊員さん
>>381
ただ鳩原はチームに迷惑をかけたというだけではなく、
遠征に行くことに対する強い動機がありそう
主観だと後者が強そうに思う
自分がトリガーの横流ししたら、チームにも大きな迷惑がかかることが想定できたと思うので
no title

424: 名無しのボーダー隊員さん
>>384
明言はしてないけど二宮隊の他のメンバーは特に遠征に行かなきゃいけない理由もなさそうだし
鳩原が理由で太刀川隊や風間隊がいない間の三門市を守る役目になっても腐ったりしなそうなんだよね
それはそれで淡々と防衛してそう

自分一人では無理でも二宮隊としてなら行けるかもと思ったのに結局自分が自分であることでダメだったとかの方が重そう

428: 名無しのボーダー隊員さん
>>424
その最終行の設定いいね

382: 名無しのボーダー隊員さん
強い駒を集めるのは重要な戦略だし
超有能集めまくってここまで来た城戸さんが安易にそんな事するかな

386: 名無しのボーダー隊員さん
妹のために麟児が近界行ったように鳩原もおそらく弟のためかね
弟が近界に拐われてるんじゃね
それならユズルが弟子なのも何となくわかる
no title

390: 名無しのボーダー隊員さん
>>386
子供好きで弟子のユズルからも今も慕われてるし、実弟のことも可愛がってたんだろうな

387: 名無しのボーダー隊員さん
修いてもいなくても話は進められるでしょ
遠征で視点が変わるのも面白そうだけどな

389: 名無しのボーダー隊員さん
>>387
守りの要として…いや要は言い過ぎかもだが
オッサムは防衛に向いていると思う

388: 名無しのボーダー隊員さん
修いても話は進むが修でないと主人公は務まらないと思う
no title