672: 名無しのボーダー隊員さん
キトラは真面目かつ外面良く容量良く物事こなせる人だから
仮入隊でポイント稼ぎまくってて不思議ない
no title

692: 名無しのボーダー隊員さん
初対面こそ木虎が勘違いもあって突っかかってたが、実際修は木虎の事を舐めてかかったことは一度もないから、木虎の対人欲求には合致してんだよな。
それでいて萎縮するでも無く自然に接してるし。

701: 名無しのボーダー隊員さん
>>692
技術を簡単に教えてもらおうとしてたのは舐めてる以外のなにものでもないと思う態度だったと思うけどな

695: 名無しのボーダー隊員さん
私はむしろかなり甘いと思いますけど、ってとこ
木虎が言うつもりだったのに風間さんに言われたんかな。

708: 名無しのボーダー隊員さん
まぁボーダー史上最もやべーやつらを集めてしまった隊員は修やろなぁ
>>695
対価なしの助言は(当人の失敗を経て)後々重荷になりかねないから
ときに厳しく当たる方が当人のためという 深謀遠慮に基づく優しさやね
no title

709: 名無しのボーダー隊員さん
修にとってはきつい言い方の方が却って思いやり
というのは分かるが

一方で、ボーダーの隊員同士ってのはライバルである以前に友軍で
そこは甘くてももったいぶらずに教えてやるもんだろとも思う

木虎は結果的にちゃんとそうしてるけど
「ライバル強くしてどうすんの」とか言っちゃう黒江は
やはり木虎よりも子どもなんだな

713: 名無しのボーダー隊員さん
>>709
A級で凌ぎを削るライバル同士に教えたくないならわからんでもないけど、
修なんて小技教えてもらったところで木虎のライバルになりようもないんだし勿体つけるほどでもないよなとは思った
まあ、修の態度があんまり良くなかったのもあるんだろうけど

715: 名無しのボーダー隊員さん
>>713
あの辺時に言われる事あるけど、修にとってはきつい言い方の方が却って思いやり…だとすると、
ある種の修の態度が悪かったからとか、礼儀を教えてやったってのは同時に成立しないような気もするんだよね…

710: 名無しのボーダー隊員さん
例の場面は、同時に千佳は友達同士の関係で鉛弾を教わるとか、
玉狛第2の修以外の面子ははきちんと普通の交友関係を広げてる描写と
対比構造っぽいから印象がちょっときつくなってる気がな…
no title

717: 名無しのボーダー隊員さん
>>710
千佳が修と比べて「きちんと」交友関係広げてるとは思えないんだけどな
修よりずっと受動的

712: 名無しのボーダー隊員さん
黒江って気寅相手にツンツンしてるだけだから、全方位に生意気な気寅とは違うし

714: 名無しのボーダー隊員さん
そこは千佳はみんなで和気藹々に ユーマは互いにバチバチやるのが性に合ってるという
当人たちの特性のちがいの問題だから…

716: 名無しのボーダー隊員さん
そこら辺は『修がそういうのが分かっていない人間』っていう結論でいいんじゃないか?
no title

718: 名無しのボーダー隊員さん
両立してるのでは
無償の助言が相手の重荷になり得る
受ける側が無償であることに対して無自覚なのはダメ

言い回しはともかく 木虎の言い分には
助言する方とされる方との両者が自覚をもって対応すべき という主張が含まれてる

719: 名無しのボーダー隊員さん
忘れられがちだけど中学生だからな木虎

720: 名無しのボーダー隊員さん
プラス10歳ぐらいしても違和感ないからなあワールドトリガーのキャラ
no title