65: 名無しのボーダー隊員さん
今までにないぐらい露骨にピンチで、先がまったく見えないんだけど
no title

81: 名無しのボーダー隊員さん
>>65
勝っても負けても小南先輩が泣くということだけはわかる
自信あるわ

87: 名無しのボーダー隊員さん
>>81
負けたは。そのとおりだ

しかし小南の魂抜け描写は、この漫画のリアリティに対してギリギリの挑戦だと思う
彼女はひとりだけ非現実的なキャラ立ちを許されてないか

90: 名無しのボーダー隊員さん
>>87
生駒隊長も

93: 名無しのボーダー隊員さん
>>90
確かに
no title

67: 名無しのボーダー隊員さん
ここから玉狛の巻き返しがあるだろう。
最後は千佳の大覚醒で二宮隊抜いて1位フィニッシュだな。
そして小南が思いっきりドヤ顔で後輩自慢。

68: 名無しのボーダー隊員さん
序盤とはいえR8での玉狛の動きはR4を連想してしまうほど流れが良くないわね
全員が思うような行動を取れていない
言い換えると本来の動きというか玉狛らしさを出すように切り替えればいいのだろうか

膠着を崩すには時に自分から動き出さないといけない時もあるので
玉狛はまず外岡を排除しないことには始まらないと思う
やや手持ち無沙汰な修に行かせるか思い切ってユーマを向かわせるか
要するに一定時間千佳単独で二宮と辻を相手にしてもらわないといけないのではと

69: 名無しのボーダー隊員さん
しかし、修は今回の暴発からのシールドを見た時に落ち着いてないっぽいんだよな…
もしかして千佳(達)は修の知らんとこでメテオラへの妨害を予期して練習してたのだろうか

71: 名無しのボーダー隊員さん
>>69
修は演技の練習でどう?
no title

76: 名無しのボーダー隊員さん
>>69
予期してたからって必ずシールド間に合うとも限らないし…
よく間に合ったなあれ

70: 名無しのボーダー隊員さん
来月も来来月も、まだまだピンチが続くんじゃないかな

72: 名無しのボーダー隊員さん
こなみせんぱい魂抜けてるやん

78: 名無しのボーダー隊員さん
落ちないヒュースすげぇってのと
トノオカ大金星じゃんこれ
玉駒にしてみれば残念だけど
no title

79: 名無しのボーダー隊員さん
離れると砲撃
接近しても自分は死なないメガンテとかやばいな

80: 名無しのボーダー隊員さん
今回の玉狛露骨に劣勢とはいえ、弱いから狩られたR4とは違って、強いから共同戦線貼られたR2の荒船隊のような立場だよな。乱戦では一応敵同士も攻撃しあってる。
ただ、上位試合なんで敵も戦況操作力が強いから厳しいな。

82: 名無しのボーダー隊員さん
小南先輩がトリオン体の時にこういう表情するの新鮮
かわいい

83: 名無しのボーダー隊員さん
まあ、二宮隊も影浦隊もマークがきつくてロースコアが多かったから玉狛は追いつけたわけで、上に上がればマークされて当然だよね。
no title