第五回 好きなキャラクターランキング投票大募集中です。
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/83739586.html

    第四回 好きなキャラクターランキング投票結果発表!!!!
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/83738398.html

    ★姉妹サイト★
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    鬼滅の刃まとめ
    http://kimetu.blog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    三雲 修(みくも おさむ)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    34: 名無しのボーダー隊員さん
    ワイヤー陣がワイヤー陣として完璧に機能したのは第5ラウンドだけだったような気がする
    no title

    39: 名無しのボーダー隊員さん
    まず通常のランク戦っぽい戦いならワイヤー地帯を全無視される恐れがある
    さらに言えば隠岐と香取じゃ遊真や千佳の圧よりは圧力無いから修単体を発見した時に多少の時間かけても落とす利点のほうが大きくなる
    そのうえでワイヤー陣が完成しても隠岐じゃ射線通すすべが無いのと香取が陣の中でじっとしてられるか怪しい

    >>34
    陣はって待ち構えるスタイルじゃ必要な点数取れないからね
    R7からずっとワイヤーほとんど使ってない

    【★【ワートリ】ランク戦式の諏訪7番隊なら待ちじゃなくて攻めのワイヤー陣かなぁ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22: 名無しのボーダー隊員さん
    修が諏訪隊で戦闘面においてどう活躍するのか考えようぜ
    つまりどうワイヤーを活かすのか

    香取がいるから遊真の代わりはいるけど、千佳の代わりはいない
    だからワイヤー陣に引き込む役がいないんだよね
    ワイヤー陣に引き込む新たな戦術を練るのか、そもそもワイヤー陣以外のワイヤーの使い方があるのか

    猫はもうその答えを用意してると思うんだよなぁ それがまったくわからない
    no title

    28: 名無しのボーダー隊員さん
    >>22
    そも長時間戦闘試験の予想なんだけど
    ランク戦みたいなバトロワ(殲滅戦)方式ではなくフラッグ(遠征艇?)を守る方式
    復活の制度あり(ベイルアウト後一定時間)
    A級とはチームを組む(閉鎖環境の成績順で好きなチームを取れる(9組)&下2チームが組む)

    ルールによって修が活躍できる状況は違ってくるかなーと思ってる

    【★【ワートリ】修が諏訪隊で戦闘面においてどう活躍するのか考えようぜ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    539: 名無しのボーダー隊員さん
    1日目の戦闘シミュ演習で、最初は修の性能が低すぎてボッコボコにされるんだろうけど
    そこから修の工夫でどう巻き返すのか楽しみだなぁ
    no title

    540: 名無しのボーダー隊員さん
    あんたこんな弱い状態で戦ってたのと見直してほしい

    【★【ワートリ】そこから修の工夫でどう巻き返すのか楽しみだなぁ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    440: 名無しのボーダー隊員さん
    香取と修の会話のコマ割とある気がする
    苦手意識があるのは修の方であって香取はそれほどでも?
    no title

    442: 名無しのボーダー隊員さん
    そもそも修は香取の何処に苦手意識や遠征に一緒は嫌だと感じたんだろうな?

    【★【ワートリ】香取と修の会話のコマ割とある気がする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    54: 名無しのボーダー隊員さん
    諏訪隊での修の活かし方の予想
    適当な距離を離して狙撃ポイント中心にワイヤー地帯を二つ作り、それぞれに隠岐を配置する
    千佳がいないとワイヤー地帯以外の障害物を破壊できないので、ワイヤー地帯に引き込めないという問題を
    狙撃ポイントを二つ作りどちらかの射線は通るようにすることで解消する
    これで隠岐の狙撃を止めるためにはどちらかのワイヤー陣を攻略するしかない

    これ以上に修のワイヤーを諏訪隊で活かす良い方法があったら教えてくれ
    no title

    55: 名無しのボーダー隊員さん
    修の使い方なあ
    囮にしてあわよくば敵道連れに自爆だな!

    【★【ワートリ】諏訪隊での修の活かし方の予想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    69: 名無しのボーダー隊員さん
    戦闘シミュは必ず現実と乖離した有利不利の法則があるからそれを把握するのが肝要
    スパイダーは低コストで敵味方にバフデバフをかける強力な装備になってるかも知れん

    水上隊なら初戦は装備の重複を避け、なるだけ多くの装備の性能を試す事に重点を置くかも知れん
    no title

    70: 名無しのボーダー隊員さん
    なろうよろしく最弱キャラと思われていた修が実は最強でしたみたいな展開はまずないだろうね
    駒としての修は弱いけどレンタルや装備変更で機転を利かせてそこをA級に評価されるみたいな流れになると予想

    【★【ワートリ】戦闘シミュは必ず現実と乖離した有利不利の法則があるからそれを把握するのが肝要】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    692: 名無しのボーダー隊員さん
    めがね君どんな点でもいいから覚醒してくれ
    都合の良いレベルアップは好きじゃないけど、良いから
    君は許されるから

    脅迫賄賂とかのイカれた手法での選抜でもいいぞ
    no title

    693: 名無しのボーダー隊員さん
    >>692
    できればこう、戦略とか作戦屋方面で頭角現して欲しいわ
    この試験を通して東さんにも警戒される何かを花開かせてくれ

    【★【ワートリ】めがね君どんな点でもいいから覚醒してくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    550: 名無しのボーダー隊員さん
    修の仕事ユーマが戦いやすいようにワイヤーを張ることってそれが主人公の役割かよ
    no title

    571: 名無しのボーダー隊員さん
    >>550
    ワイヤーなくてもいいってユーマも言い出しにくいだけやろなあ

    【★【ワートリ】修の仕事ユーマが戦いやすいようにワイヤーを張ることってそれが主人公の役割かよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    460: 名無しのボーダー隊員さん
    オサム 無能、メガネ、
    八丸 無能、メガネ
    何が違うんやろか
    no title

    466: 名無しのボーダー隊員さん
    修はまさかのメガネがトリオン抑制機能付いてたら笑うわ
    どうせ親父はネイバー世界で何かやってそうやし

    【★【ワートリ】修はまさかのメガネがトリオン抑制機能付いてたら笑うわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    418: 名無しのボーダー隊員さん
    修は実は優良血統で覚醒してトリオン100倍みたいなこと起こらなそうだもんな
    no title

    431: 名無しのボーダー隊員さん
    >>418
    実はネイバーで玄界が合わないから向こう行ったら覚醒とか?
    めちゃくちゃジャンプっぽくはあるけどな

    【★【ワートリ】修は実は優良血統で覚醒してトリオン100倍みたいなこと起こらなそうだもんな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    808: 名無しのヒーローさん
    修は奇策の方に目が行きがちだけど、普通に駒の戦力を把握して動かせる力が上がってるって確認出来るエピソードになりそう
    実際に自分で動くとまだ素直な動きが出るだろうけど
    no title

    811: 名無しのヒーローさん
    >>808
    その自身の駒がチートなんだけどな
    弱い駒でどこまでやれるかが課題

    【★【ワートリ】修は奇策の方に目が行きがちだけど、普通に駒の戦力を把握して動かせる力が上がってるって確認出来るエピソードになりそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    76: 名無しのボーダー隊員さん
    お前らレスはsageても修sageはほどほどにな!
    no title

    77: 名無しのボーダー隊員さん
    なんで修に限るのかわからんが他にもキャラアンチはいたしどのキャラの根拠なしsageも困る
    修ならむしろコテハンとかが定期的にハーレム語りや長文ageレスしにくるくらいだ

    【★【ワートリ】お前らレスはsageても修sageはほどほどにな!】の続きを読む

    このページのトップヘ