第二回 好きなキャラクターランキング投票募集中です。
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/68177579.html

    ★姉妹サイト★
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    鬼滅の刃まとめ
    http://kimetu.blog.jp/

    コメント談義を始めてみたいと思います。
    お題を大募集中です。
    こちらをクリック

    【コメント談義です】彼女になったら修君に主役補正を付けて上げられそうな女子は?
    こちらをクリック

    トリガー

    263: 名無しのボーダー隊員さん
    トリガー切替を十字キーみたいな感じでやるなら3番目がシールドでも不思議じゃない
    黒鳥争奪戦の嵐山の視界はそういう感じに見えないけど視界と切替の仕様は別なのかも
    素早く切り替えるにはカーソルをスクロールさせるタイプよりワンボタンで切り替えられる方がいいだろ?
     1
    4+2
     3
    no title

    264: 名無しのボーダー隊員さん
    >>263
    トリガーの選択って「(シールド!)」って心の中で意志を発すれば出来るんだと思ってたけど違うのか?「(下、下…決定!)」とか十字だったら「(右!)」とか思わなきゃいけないのか
    っていうか思考でカーソル動かせる技術があるんなら「(シールド!)」って感じで一発で選択出来ると思うけど

    【★【ワートリ】トリガーは選択式?】の続きを読む

    671: 名無しのボーダー隊員さん
    人間関知はオペレーターのレーダーにだけ設定されてて戦闘員のレーダーからは除外されてるとか?
    no title

    681: 名無しのボーダー隊員さん
    >>671
    それだとカゲが生身かトリオン体かはっきりしてないのに陰口C級共に躊躇いなく首チョンをした事になる。いくら歯がギザギザといえど平気で殺人なんかする訳ない。近接トリガーにも安全装置がついてるなら分かるけど
    …でもそれなら無人駅の所で三輪がユーマを殺すと息巻いてたのはおかしいな。どうやっても殺せない訳だから

    【★【ワートリ】生身の人間を感知するレーダー機能はあるの?】の続きを読む

    413: 名無しのボーダー隊員さん
    任務中でもない学生に技術の結晶を持ち歩かせて隊員名簿公開して犯罪歴がなければトリオン次第で誰でも入隊させて
    あんな隙だらけな活動しておいて技術流出とか気にしてるわけないだろ
    no title

    414: 名無しのボーダー隊員さん
    >>413
    気にしてないのにわざわざトリガー位置把握できる機能付けてるのか
    無駄な金使ってんな

    【★【ワートリ】トリガー技術流出は気にしてない?】の続きを読む

    23: 名無しのボーダー隊員さん
    一般に発売するトリガーの一例として凶悪なストーカーに着けられてる時用トリガーのアイデア出来たわ
    武器トリガーの使用は当然無し

    機能は
    トリオン体換装(標準機能):相手が何の備えもして無さそうなら肉弾戦で追い払える
    グラスホッパー:相手からの逃走だけでなく普段の移動でも威力を発揮。ただし相手もグラスホッパー持ってると面白い光景になる
              マラソンのスタート地点に大量にまく等悪用されないように本人が触れた時のみ跳ねるといった制御が必要
    カメレオン:目立たずにそーっと逃げたい、またグラホだと上手くピョンピョンできない運動が苦手な人向け
           重要施設への侵入等悪用される可能性もあるため施設の出入り口に低速散弾をまいておく等の対策が望ましい
    ベイルアウト:付属品となるベイルアウト先設定トリガーと本品を関連づけておくことでベイルアウトを実現する
             飛んだ時の軌道で住所が推測されないよう飛ぶ瞬間には煙幕が出る

    換装以外の3つはカスタマイズ可能
    ベイルアウト機能は付属品も無いと意味をなさず、機能自体も高度であるため高額
    購入後もボーダー基地においてカスタマイズすることが可能(有料)
    ベイルアウト機能を外す時は付属トリガの返却必須


    開発部と広報部の偉い人にこの提案書持ってくわ
    no title

    29: 名無しのボーダー隊員さん
    >>23
    普通に100万くらいしそう

    【★【ワートリ】トリガー発売中!?】の続きを読む

    231: 名無しのボーダー隊員さん
    ベイルアウトという便利システムがあるなら黒鳥などの強敵に対して下手に強い味方をぶつけるよりも自爆特攻要員を使うほうが有効だから早くそれ用のトリガー作ったほうが良い
    no title

    234: 名無しのボーダー隊員さん
    >>231 
    ヴィザ翁や根暗に雑魚なんぼぶつけても瞬殺されてトリオンの無駄じゃね
    【★【ワートリ】自爆戦法の是非は?】の続きを読む

    647: 名無しのボーダー隊員さん
    そういやトリガー本体が破損した描写ってまだ無いよな
    no title

    649: 名無しのボーダー隊員さん
    >>647 
    臨時接続のあれはトリオン体を破棄して通常通り一から再構成すれば直るものだったのか 
    それともエンジニアによるトリガーホルダーとトリガーチップのフルメンテナンス必須レベルの壊れ方だったのか
    【★【ワートリ】トリガーを破壊されるとどうなるの?】の続きを読む

    657: 名無しのボーダー隊員さん
    そういえば棍棒タイプのトリガーがまだないな 
    トリオン兵には刃物よりメイスの方が効果的な気もするが
    no title

    664: 名無しのボーダー隊員さん
    >>657 
    重いレイガストをスラスター加速する。これを超えるメイスはちょっと難しいとか開発の人が思ってるんじゃない。
    no title
    【★【ワートリ】棒か何かトリガー!?】の続きを読む

    769: 名無しのボーダー隊員さん
    お前ら自分のトリガー編成とか妄想してる? 
    俺は 
    アステ拳銃 アステ拳銃 
    ハウンド拳銃 バイパー拳銃 
    シールド シールド 
    バックワーム 
     だぜ!!みんなの妄想教えてくれよな!
    no title

    771: 名無しのボーダー隊員さん
    >>769 
    アステ アステ 
    メテオラ ハウンド 
    シールド シールド 
    バグワ グラホ 
    機動力のあるシューターみたいなのを妄想してる
    no title

    【★【ワートリ】あなたのトリガー編成は?】の続きを読む

    708:2016/11/13(日) 15:11:11.83 ID:
    ゲーム脳としては後方支援特化のトリガーが欲しいな
    自身のトリオンを使って味方を回復させたり、攻撃力や速度を増加させたり
    まぁゲームだととりあえず全員の物理を上げてぶん殴るのが主流だけど、ワートリ世界じゃそうはならないだろうし
    チカを電池にして無限回復とか無限弾幕とか燃えるやん
    716:2016/11/13(日) 16:20:48.34 ID:
    >>708
    ユーマの黒鳥で我慢するんだ・・・
    【★【ワートリ】回復系トリガーが欲しい!】の続きを読む

    708:2016/08/27(土) 23:12:09.86 ID:
    このスレのあれ入れろこれ入れろを全部まともに聞いてたら
    全隊員がレイジの倍以上のスロットあるトリガーで戦うことになる
    709:2016/08/27(土) 23:16:03.59 ID:
    >>708
    グラスホッパー・メテオラ・スコーピオン・スパイダー・エスクードあたりが定番か?
    まあそれだけボーダーのトリガーが優秀ってことだ
    【★【ワートリ】最強のトリガー構成。】の続きを読む

    314:2016/06/11(土) 00:00:38.51 ID:
    トリオン体は超人的なパワーを発揮できるから刀が破裂でもしない限り
    弧月が間違って当たる=運が良くて骨折などの重態、悪ければ死
    315:2016/06/11(土) 00:03:30.24 ID:
    生身に触れたら自壊するとかいくらでもこじつけられる
    でも普通に気絶するだけでも老人とかだったら骨折もしくは死ぬよな
    【★【ワートリ】弧月が生身に当たると斬れるの?】の続きを読む

    361:2016/05/27(金) 22:50:09.27 ID:
    シールドは攻撃力のあるものを防ぐんでしょ
    だからこそ攻撃力0の鉛弾はシールドを通過できる
    シールドで照屋を囲んでも普通に歩けば通過できるでしょ
    363:2016/05/27(金) 22:53:41.68 ID:
    >>361
    やはりその物自体に攻撃力がなさ気なヒュースの磁力片は防いでる
    【★【ワートリ】トリガーによる攻撃って何が「威力」なのか。】の続きを読む

    このページのトップヘ