第1回 ボーダー統一好きな部隊ランク戦!!投票大募集中です。
    ※一日一回投票できます。
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/85845000.html
    第五回 好きなキャラクターランキング投票結果発表!!!!
    http://worldtriggermatome.ldblog.jp/archives/85843752.html

    ★姉妹サイト★
    僕のヒーローアカデミアまとめ
    http://heroacamatome.ldblog.jp/
    鬼滅の刃まとめ
    http://kimetu.blog.jp/
    ワンピースまとめ
    http://onepiece.weblog.to/

    ボーダー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    383: 名無しのボーダー隊員さん
    影浦隊は戦場では攻撃的なんだけど出世とか成績とかなにも求めてないように見えるな
    まあカゲが人に一目置かれたいみたいな性格だったら余計しんどいだろうけど
    no title

    387: 名無しのボーダー隊員さん
    何も求めてなかったらなんでボーダー入ったのという話に
    確か現ボーダー発足当初に入隊してた気がする

    【★【ワートリ】確か現ボーダー発足当初に入隊してた気がする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    242: 名無しのボーダー隊員さん
    たまたまその場面が諏訪だったからよかったものの、他の指揮に向いてない隊員がその場の最年長だとして、年齢順だからって理由で仕切らせるのかもと考えたらそれってどうなんって

    軍隊感出したくなくても、指揮系統はちゃんと決めておくべきだと思う 
    漫画じゃんと言われればそれまで
    209fe52b


    246: 名無しのボーダー隊員さん
    >>242
    逆だよ
    たまたま諏訪だったから年齢順で良いじゃんってなったんだろ
    他に指揮できなそうな最年長がいたら別の決め方したと思うよ
    現場の人間は誰も年齢順にはこだわってないんだよ

    【★【ワートリ】軍隊感出したくなくても、指揮系統はちゃんと決めておくべきだと思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    141: 名無しのボーダー隊員さん
    ボーダーに女性隊員(戦闘員)が少ないのってなにか明言されてた?
    もしあったら読んでみたいから教えてほしい
    no title

    144: 名無しのボーダー隊員さん
    >>141
    ない
    強いて言えば15巻のウェン紹介ページで男味方vs女敵はジャンプ受けが悪い(未確認)から女子対決になったって言ってるしまあそういう事なんでは

    【★【ワートリ】ボーダーに女性隊員(戦闘員)が少ないのってなにか明言されてた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    725: 名無しのボーダー隊員さん
    トリガーについて、人伝えに伝授してるけどなんか教科書的なのに乗ってないわけ?
    no title

    727: 名無しのボーダー隊員さん
    ない
    ボーダーは先輩に教わるか自分で戦いながら覚えろって主義だから
    荒船が理論と技術をマニュアル化しようとはしているが

    【★【ワートリ】トリガーについて、人伝えに伝授してるけどなんか教科書的なのに乗ってないわけ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    422: 名無しのボーダー隊員さん
    ボーダー自体が発足して5年やそこらの新しい組織らしいけどよくそんな短期間でトリガーの解析、改造とかランク戦制度とかトリオン機関の研究(二十歳くらいで成長止まる)まで進んでるなとは思う

    子供にとっての1年は大人と比べてかなりの人生比率を占めるけど
    4,5年いるだけでもう古参の域だからなー
    もっと組織が長く存続すれば大人の戦闘員も増えるんだろうが
    no title

    425: 名無しのボーダー隊員さん
    >>422
    現ボーダーの歴史は浅いけど
    研究解析については旧ボーダー時代からのノウハウもあるだろうから
    有吾さんが玄界にいたころからと考えれば余裕で十数年以上になるしもっと言えばワートリの魔境・カナダ人エンジニアもいるし

    【★【ワートリ】ボーダー自体が発足して5年やそこらの新しい組織らしいけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    643: 名無しのボーダー隊員さん
    本部のトリオンはアリステラの母トリガーから出てるんじゃなかったっけか
    母トリガーがどうやってトリオンを生産しているのかは分からんが
    no title

    645: 名無しのボーダー隊員さん
    >>643
    マザーのトリオンを利用してたのは初期の話じゃね
    今は普通に隊員のトリオンを貯蔵して使ってると思うが

    【★【ワートリ】本部のトリオンはアリステラの母トリガーから出てるんじゃなかったっけか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    634: 名無しのボーダー隊員さん
    あと生臭い話になると大規模進行で死んだ人の手当とかどうなってんだろね
    少なくともボーダー上層部が引責でどうにかなった様子は無いが
    no title

    635: 名無しのボーダー隊員さん
    現状の三門市内のネイバー被害窓口はボーダーみたいだよな。市とも連携してるだろうけど
    国は何をやってんだって言われる最大の原因。門誘導があるとはいえこっそり誘拐神隠しは三門市内だけじゃ絶対に収まらんだろうに

    【★【ワートリ】現状の三門市内のネイバー被害窓口はボーダーみたいだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    765: 名無しのボーダー隊員さん
    ボーダーは創部数年の部活レベル
    少なくとも今の隊員達はそのレベル
    少し訓練を怠った程度ではそこまでレベルは落ちず
    また落ちたとしても復帰は容易だろう
    no title

    766: 名無しのボーダー隊員さん
    部活気分の学生達を強いと評価するプロ戦士ネイバーのレベルが低過ぎる説

    【★【ワートリ】それだけ仮想訓練システムが画期的ってことよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    615: 名無しのボーダー隊員さん
    トリオン量って遺伝するの?
    千佳兄麟児もトリオンモンスターなのかね
    この兄妹見た目全然似てないけど
    no title

    622: 名無しのボーダー隊員さん
    >>615
    遺伝する
    エネドラッドの台詞的にアフトは家柄が良いやつからトリオン高い人間が出るのは珍しくないっぽい

    【★【ワートリ】トリオン量って遺伝するの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    359: 名無しのボーダー隊員さん
    忍田派の主力っぽい嵐山隊が城戸派の根付さんの部署で働いてるのが一番の違和感
    まぁ根付さんは城戸さんが連れてきたから城戸派ってだけで比較的穏健派っぽいけど
    でも影浦にアッパーカットされた点が気になる
    no title

    369: 名無しのボーダー隊員さん
    >>359
    広報には出向で行ってるようなものなんじゃないのか
    戦闘では本部長の指揮下なことは広報担当であろうと変わらないしな
    根付さんの下ではなくて、手伝いしてるくらいか

    【★【ワートリ】忍田派の主力っぽい嵐山隊が城戸派の根付さんの部署で働いてるのが一番の違和感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    152: 名無しのボーダー隊員さん
    上層部の優先度
    育成ノウハウのデータ取り>遠征部隊の訓練>ランク戦や昇格試験

    だがデータ取りの事は隊員には秘密にしなければならなかった
    だから城戸は心を鬼にして「訓練の為」という嘘を付くしかなかったんだよ
    no title

    154: 名無しのボーダー隊員さん
    A級ランク戦を普通にやった場合4月末くらいってどっかで言ってたっけ

    【★【ワートリ】防衛任務のシフト表見た感じクソブラックだろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    170: 名無しのボーダー隊員さん
    ボーダー発足時は忍田さんあたりはもっと無茶してるはず
    そういうのがなきゃただのブラックだわな
    no title

    183: 名無しのボーダー隊員さん
    城戸「ボーダー貯金する”感覚を持ち、会社に不可欠な人材となるように仕事してください」
    キツネ「365日24時間、死ぬまで働け」
    遊真「おれに言わせれば、眠れないというのは、疲れてないから眠れないんです」

    【★【ワートリ】ぶっちゃけ子供ばっかり実戦に使うとかヤベー組織だよねボーダーさん】の続きを読む

    このページのトップヘ